分譲か賃貸か、それは自分の暮らし方で決まるもの。

どうして、と聞かれても、はっきりした理由はありませんが、今、住まいの重要性が改めて考えられているようですね。そうりゃ、現代の家というものは、大昔のようにただ雨風を凌ぐためのものではありませんから。

そこには生きて行くために必要なものがたくさん詰まってる。建築上の安全性能はもちろんのこと、安心して生活できるセキュリティ。暮らしをより快適にしてくれる最新の設備と仕様。それから居心地の良い空間。趣味やプライベートに最適な居室。どれもこれも重要なものばかりですね。

しかし、決定的な欠点は、そこに長く住めるかどうか、という点なのです。たとえば、独身者なら自分のライフスタイルを貫くことも容易でしょう。でも、いずれ結婚し、子どもだってできるかもしれません。そうなれば、自然、居住空間にも変化が必要になってきますね。

そういう意味では、分譲よりも賃貸の方が最適だと言えますね。賃貸ならばライフスタイルの変化に従って、けっこう手軽に移り住むこともできますから。

ここに賃貸のメリットというものがあるわけですね。しかし、それだけでは足りない気がするんです。たんに分譲よりも賃貸の方が優れてるとは、これはどうしても言えませんよね。分譲にしてもいい点はいくらでもありますから。グッドナイト27000

分譲住宅の特徴を考えればいっぱいありますが、一番は自分の家であるのだから、必要になればリフォームも可能だということ。これは賃貸住宅では難しいですからね。今の時代、このリフォームもかなり人気です。予算も少なくて済むことから、手軽にリフォームをする人が増えているようです。

とにかくほんとうに重要なことは、どう暮らしたいか、ということなのですね。自分にあった暮らし、よく耳にしたり目にしすぎて、なかなか気づかないこともあるでしょう。ややこしい言い方をしてしまいましたけど、結局はその一点に限るのです。

まあ、いろいろと述べ立ててみましたが、つまるところ、住まいと言いますものは、分譲でも賃貸でも、自分の暮らしに合致した、他にはないものが最上というわけなのですね。